STELLA LEE JONES

JAPANESE PROGRESSIVE ROCK BAND

Information

●セカンドアルバム『Escape From Reality』

2016/11/16(日)一般発売!

●次回ライブ

2017/1/28(土)横浜Hey-JOE
ゲスト:相川瞳(per)
詳細はこちら

●セカンドアルバム制作に向けたクラウドファンディング
 たくさんのご支援ありがとうございました!

https://motion-gallery.net/projects/stellaleejones-secondalbum

●「DECAMERON」参加決定

フィンランドのPROGRESSIVE ROCKファンジン「COLOSSUS」編集者であり、COLOSSUS PROJECTでも活躍するMarco Barnard(Bs)がプロデュースする、イタリア古典文学「DECAMERON」を題材としたコンピレーションのシリーズ第三集に参加しました。
詳細はこちら(Marco Bernard Facebookページ)

●1stアルバム「A FLOATING PLACE」好評発売中!

詳細はこちら

●ステラ・リー・ジョーンズFacebookページ

“Escape

2ndアルバム
「Escape From Reality 」
AmazonLink




Profile

STELLA LEE JONES (ステラ・リー・ジョーンズ)

FLAT122の平田聡が2009年に立ち上げたプログレッシブ・ロック・バンド。
都内を拠点に活動中。
現代日本の構築系プログレシーンにおいて最も活躍が期待されるバンドの一つ。
1st アルバム A FLOATING PLACE(ア・フローティング・プレイス) が2011年12月28日に発売され、
各所で絶賛を浴びる。

SATOSHI HIRATA

平田 聡 SATOSHI HIRATA (GUITAR)

http://satoshi3104377.blog121.fc2.com/

中学一年よりギターを始める。アン・スクール・オブ・ミュージック、メーザーハウスにて音楽理論・編曲などを学ぶ。某FM局のジングル制作、著作権フリー音源制作などの傍らバンド活動を続ける。2002年、盟友だった川崎隆男氏と偶然再会し、「FLAT122」を結成。2005年1stアルバム「ザ・ウェイブス」、2009年に2nd「カゲロウ」を発表。その後活動休止に入る。同年、自己のバンド「ステラ・リー・ジョーンズ」を結成。
また、大山曜氏率いる「エレクトリック・アストゥーリアス」のギタリストとしても活動しており、2010年ポルトガルGouvea Art Rock、2013年アメリカRosfest、2014年カリブ海Cruise to the Edgeと海外フェスにも多数参加している。

Shinya Sato
Emi Sasaki
SHINYA SATO

佐藤真也 SHINYA SATO (PIANO, KEYBOARDS)

http://jazzpianoshinyasato.com/

早稲田大学モダンジャズ研究会出身。南博氏に師事。バークリー音楽院卒。確かなテクニックに裏打ちされた繊細かつ過激なスタイルで、一部では「狂犬ピアニスト」の異名をとる。
ルーマニアで行われたSIBIU INTERNATIONAL THEATRE FESTIVAL 2006, 2007にて演奏。坂本龍一のラジオ番組にてオリジナルのエレクトロニカ作品が取り上げられ、J-WAVEで放送される。現在はプロデューサー、ジャズピアニストとしての活動のほか、蜂鳥姉妹みとせのりこ日比谷カタン黒色すみれKERA等と共演。東京都豊島区にて初心者から上級者対象の個人レッスンも開講中。

EMI SASAKI

佐々木絵実 EMI SASAKI (ACCORDION)

東京都生まれ。ドラマーとして演奏活動を開始。ベース、クラシックギターなどを経て、1992年アコースティックトリオ「キキオン」結成、同バンド他でアコーディオン演奏を始める。主に東欧やアラブなどの伝統音楽に影響を受けつつ、2006年アコーディオン重奏ユニット「蛇腹姉妹」を立ち上げ、2015年に1stCDをリリース。
また、オリエンタル音楽楽団「Alladeen」、再結成を果たした「NON BAND」、Lars Hollmerの曲を演奏するアコーディオンカルテット「Boeves」への参加など、個性的な演奏活動を重ねている。STELLA LEE JONESでの使用楽器は、伊・Victoria社製 Virtuoso 96 Casotto(2015年現在)。

STELLA LEE JONES
Satoshi Hirata
Hitomi Iriyama
Shunsuke Sano
HITOMI IRIYAMA

入山ひとみ HITOMI IRIYAMA (VIOLIN)

http://irry.net/

4歳頃よりピアノを始め、小学校高学年よりバイオリンに転向、 高校まで鈴木メソードにてバイオリンを習う。大学時代、軽音楽部JAZZ系に入部し、Roland KirkやDuke Ellightonの影響を受け、ほぼ独学で即興演奏に挑戦し始める。後に池田篤(alt)氏に師事。
現在、ライフワークのJAZZに向き合いつつ、数々のイベント・TVドラマ・CM・音楽番組などでのアーティストサポートなど行っている。自己のグループでは一流ジャズミュージシャンとの共演を重ねている。同時にバイオリン奏法やジャズに関するレッスンも行っている。
2015年、自己の弦楽カルテットにてリーダーアルバムをリリース予定。

SHUNSUKE SANO

佐野俊介 SHUNSUKE SANO (BASS)

5歳からピアノを習い始める。13歳の時中学の吹奏楽部でアルトサックスを始め、後にユーフォニウムも始める。エレキベースを始めたのは高校一年16歳の時。ゲームサントラのコピーにのめりこむ。
18歳で上京しMESARHAUSに入学、渡辺建氏、矢田佳延氏、板橋文雄氏に師事。同校で学ぶうちにチックコリア、ウェザーリポートやトライバルテックなどの現代的なジャズの面白さを知る。同時期にゲーム音楽や、映画、アニメなどの劇伴音楽の仕組みに興味を持つようになる。在学中に都内での演奏やサポートなどでの活動を開始。後にCMや映画音楽などの録音にも活動を広げる。現在はセッションを中心とした様々な演奏や録音などで活動している他、都内での個人レッスンも行っている。

Shinya Sato
Emi Sasaki

Tomoyoku Tanimoto
TOMOYOKU TANIMOTO

谷本朋翼 TOMOYOKU TANIMOTO (DRUMS)

http://www.tomoyoku.com/

10歳からドラムを始める。夏目成二氏に師事。菅沼孝三氏に師事。ニール・ソーセン氏にモーラーシステムを師事。バンド「猛音」にて、2004年 ギブソン・ジャズギター・コンテスト最優秀バンド賞受賞。2006年ドラム・マガジン・コンテスト入賞。
現在は様々なユニット(フュージョン・プログレ・ファンク・ジャズ・ポップス etc)や、様々なミュージシャン・バンドのライブサポート、ツアー、レコーディングなど、ジャンルを飛び越え音楽活動中。ドラム講師も行っている。STELLA LEE JONES以外での所属ユニットは「taika」「KTG」「Muff」など。 Muffにて FUJI ROCK FESTIVAL '14 出演。

Hitomi Iriyama
Shunsuke Sano

Biography

Biography

2009年2月ギター平田聡、ピアノ松井玲央、バイオリンテイセナ、アコーディオン佐々木絵実、ドラムス田辺清貴、パーカッションくどうげんたの六名で新ユニットを結成。恐竜の長い学名をそのまま適当にバンド名にしたセッション的なベースレスユニットとして活動を開始する。同年4月高円寺ミッションズにて初ライブ。

その後ピアノ松井玲央、ドラムス田辺清貴脱退。ピアノ佐藤真也、ドラムス谷本朋翼、ベース三ヶ田晋加入。 バンド名をSTELLA LEE JONES に変更し、9月吉祥寺シルバーエレファントにて初ライブを行う。

2010年5月
吉祥寺シルバーエレファントにて「アコアス・FLAT祭り」に出演
2011年2月
ベース三ヶ田晋脱退。Quiで活躍中の瀬戸尚幸加入。
2011年4月
江古田BUDDYにて難波弘之、水野正敏、池長一美のA.P.Jと2マンライブを行う。
2011年12月
ファーストアルバム「A FLOATING PLACE」発表。同月吉祥寺シルバーエレファントにてワンマンライブを行う。
2012年7月
バイオリンテイセナ脱退。同年8月バイオリン入山ひとみ加入。
2013年2月
新メンバーでのお披露目ライブを吉祥寺シルバーエレファントにて行う。
2014年2月
ベース瀬戸尚幸脱退。各方面で活躍中のベーシスト佐野俊介加入。
2014年3月
Japanese Progressive Rock Fes 2014(川崎クラブチッタ)に出演。
2014年7月
吉祥寺シルバーエレファントにてYuka&Chronoshipと2マンライブを行う。
2014年10月
西麻布新世界にて新●月プロジェクトと2マンライブを行う。

Tomoyoku Tanimoto

Live

2017年1月28日(土)

横浜Hey-JOE

STELLA LEE JONES ワンマンライブ

ゲスト 相川瞳(per)

OPEN 18:30 / START 19:00
前売 ¥3000 / 当日¥3500 (共に別途ドリンク代)

【前売予約】
ご予約は2ヶ月前(11/28)より受け付けております。
受付開始は2ヶ月前の同日よりメール、電話にて受け付け(17:00~23:00)させていただきます。
Hey-JOEへの電話orメール
Tel:045-313-3631
(17:00~23:00 ライブ時間により異なる場合があります。定休日火曜日)
キャンセルの場合は前日までに、ご一報くださいますようお願いいたします。
Email:hey-joe@yokohama.email.ne.jp

Contactからも受付いたします。

※入場は受付番号順です。
(Hey-Joe受付、Contactの受付番号は共通です)


Live Archieve

Live Archieve

--2016年--

10/16(日)
吉祥寺 シルバーエレファント……ゲスト 多鹿大介(per)
2/20(土)
吉祥寺 シルバーエレファント……対バン:新●月プロジェクト

--2015年--

12/5(土)
二子玉川 東京音実劇場
9/19(土)
吉祥寺 STAR PINE'S CAFE……対バン:IMERUAT
5/16(日)
沼袋 SANCTUARY……スペシャルゲスト:上野洋子 対バン:新●月プロジェクト
3/21(土)
横浜 Hey-JOE……スペシャルゲスト:上野洋子
1/11(日)
二子玉川 東京音実劇場

--2014年--

10/4(土)
西麻布 新世界……対バン:新●月プロジェクト
7/27(日)
吉祥寺 シルバーエレファント……対バン:Yuka & Chronoship
5/10(土)
吉祥寺 シルバーエレファント
3/29(土)
川崎CLUB CITTA'……ジャパニーズ・プログレッシブ・ロック・フェス 2014
*出演: STELLA LEE JONES、ノヴェラ 2014、新月、ムーン・ダンサー、Yuka & Chronoship、ゲスト:難波弘之&センス・オブ・ワンダー

--2013年--

11/23(土)
吉祥寺 シルバーエレファント
9/21(土)
西荻窪 LiveBar w.jaz
6/28(金)
四谷 OUTBREAK!……対バン:る*しろう
2/2(土)
吉祥寺 シルバーエレファント……ゲスト 本吉大我(Gt)

Live Information

Live Archieve

Live Archieve

--2012年--

7/22(日)
吉祥寺 シルバーエレファント……対バン:オオフジツボ、蛇腹姉妹
3/3(土)
吉祥寺 シルバーエレファント……対バン:Enciphers & Deciphers、黒沢ダイスケ Progressive Band

---2011年---

12/24(土)
吉祥寺 シルバーエレファント……"A FLOATING PLACE"レコ発ワンマン
*ゲスト:川崎タカオ pf (from FLAT122, KTG)
4/15(金)
江古田 BUDDY ……A.P.J( 難波弘之 Pf・ 水野正敏 El.Up・ 池長一美 Dr)との2マンライブ

---2010年---

12/26(日)
吉祥寺 シルバーエレファント
8/30(月)
三軒茶屋 Grapefruit Moon
6/24(木)
三軒茶屋 Grapefruit Moon
5/30(日)
吉祥寺 シルバーエレファント……アコアス・FLAT祭り!
*出演:STELLA LEE JONES、AcousticAsturias 、KTG 、ちょっとだけ FLAT122
2/15(月)
三軒茶屋 Grapefruit Moon
1/22(金)
吉祥寺 シルバーエレファント

---2009年---

12/25(金)
高円寺 Mission's
11/25(水)
新宿 RUIDO K4
10/29(木)
三軒茶屋 Grapefruit Moon
9/30(水)
吉祥寺 シルバーエレファント
7/27(月)
三軒茶屋 Grapefruit Moon

Live Archieve

Discography

2nd Album「Escape From Reality」2016年11月16日発売 DIZZINESS RECORDS [SLJ-002]

Escape From Reality
  • 01. The 15th Warriors
  • 02. Salar de Uyuni
  • 03. Jigsaw Cats
  • 04. Waking Up Maybe...
  • 05. Smash the Wall
  • 06. Swimming in a Shallow Sleep
  • 07. 夢の境界線 Part 1-3
  • 08. Tokyo Fantasista
  • 09. Mirror
  • 10. The Winter Song
  • [パーソネル]
  • 平田聡 (Gt)
  • 佐藤真也 (Pf, Key)
  • 佐々木絵実 (Acc)
  • 入山ひとみ (Vl)
  • 佐野俊介 (Ba)
  • 谷本朋翼 (Ds)
  • スペシャルゲスト: 相川瞳 (Per)

Amazon, ディスクユニオン, 芽瑠璃堂 他で予約開始!

ステラにお邪魔すると「平田が無理言ってすみません」とか「平田を宜しくお願いします」というような事をメンバーの方がおっしゃる。平田さん、愛されてるんだなぁ そうじゃなきゃこのストイックな音符をこんなに楽しそうに演奏できないよね、きっと。
-----上野洋子 (ミュージシャン)

ステラ・リー・ジョーンズのみなさんはほんとに凄腕揃いだが、技巧的演奏の向こう側に糖分少なめのロマンティークがある。そこがとても素敵だ。
-----鈴木慶一 (ミュージシャン / MOONRIDERS etc.)

ステラ・リー・ジョーンズの新しいアルバムは例えるならジプシープログレ!全10曲のストーリーがとても心地良く耳に入ってきました。素敵な旅をしたような、良い映画を見たような、そんな気分にさせてくれる。皆さんもこのアルバムを聴いて旅に出ませんか!?
-----そうる透 (ドラマー / SENCE OF WONDER etc.)

相変わらず国籍不明のワールド・バザール感は満載なれど、いつになくロック色の強い曲があったり、フランス映画音楽風の展開を見せたり、入山ひとみの現代音楽風バラッドがあったり、'70年頃のニュー・ジャズを思わせるピアノ・ソロがあったり、ラテンのリズムが出て来たり、珍しく普通にジャズっぽいソロを弾く平田聡のギターが聴けたり、バラエティに富んでいる。全員、普通にロックやジャズやポップスをやれるテクニックがあるのに、わざわざ苦難の道を進む、という姿勢が良い。アルバム全体が人間シーケンサー、バンドごとフリッパートロニクス、変拍子てんこ盛りだがグルーヴがあるので大丈夫!!
----- 難波弘之 (キーボーディスト / SENCE OF WONDER etc.)

巨大な虹を映す水膜が、その瞬間に流れている様々な涙の総体だとしたら、そこに聞こえる音こそがステラの音だ。
-----花本彰 (キーボーディスト / 新●月プロジェクト)

高い音楽性、そして高い演奏力。この国にもこれだけのクオリティとバランス感覚を備えた音楽集団があったのかと驚かされました!
-----浜渦正志 (作曲家、編曲家、ミュージシャン / 「ファイナルファンタジーXIII」、IMERUAT etc.)


A FLOATING PLACE

Discography

1st Album「A FLOATING PLACE」2011年12月28日発売 DIZZINESS RECORDS [SLJ-001]

A FLOATING PLACE
  • 01. SYNAPSE
  • 02. PARALLEL RAILWAYS
  • 03. MEMAI
  • 04. JEAN PIERRE
  • 05. CEASELESS MEMORY
  • 06. WATERCOLORS
  • 07. CLOUDS
  • 08. X-ZONE
  • 09. KAGEROU
  • 10. STELLA LEE JONES
  • [パーソネル]
  • 平田聡 (Gt)
  • 佐藤真也 (Pf, Key)
  • 佐々木絵実 (Acc)
  • テイセナ (Vl)
  • 瀬戸尚幸 (Bs)
  • 谷本朋翼 (Ds)
  • くどうげんた (Per)

Amazon, ディスクユニオン, WORLD DISQUE, 芽瑠璃堂 他で取扱中

めくるめく音(サウンド)の無国籍大サーカス!
前衛なのにポップ、テクニカルなのにどこか懐かしい。
彼らの音楽は、不思議な世界への魔法の扉です。
-----難波弘之 Hiroyuki Namba

'11年の最後を飾るド傑作。エレクトリックとアコースティック、国際性と民族性、作曲と即興といった対となる要素をアウフヘーベンしたサウンドであり、60分を超える演奏ながら、次々と移り変わっていく情景に、リスナーはただ翻弄されるばかりである。そこに描き出されるのは人の暮らしの持つ多面性。まさに傑作。
-----ユーロ・ロック・プレス Vol.52(2012年2月29日発行)

基本はジャズ・ロックだが、現代音楽的なシリアスさやアヴァンギャルドなアレンジも自然に消化して独自のスケール感を獲得しているのは頼もしい。平田のヴィジョンが明確に反映されたサウンドであり、その個性は国内シーンにあって代え難い
-----ストレンジ・デイズ 2012年3月号


Escape From Reality

Sample Listening

Album Information

Liner Notes

平田聡による曲解説

1. SYNAPSE
エレアスファーストライブの為、ギター、ヴァイオリン、ドラムの三人で演奏出来る曲を、と大山氏から依頼されたのがきっかけ。構成を大幅に何度か変更していくうちにこの形で完成。最も自分らしい素直な感性で書いた曲。タイトルは敬愛する渡辺香津美さんの美しいバラード曲から引用。

2. PARALLEL RAILWAYS
鼻歌的に一筆書きのように作った曲。CDには入っていないが、ライブでは各楽器でホームから汽車が出発する様子を奏でる人気曲。

3. MEMAI
究極の変態バンド「る*しろう」に影響された曲。FLAT122のファーストに収録されている。演奏上の難しさから練習しているとメマイがしてくる為、MEMAIと命名(FLAT122川崎隆男氏)。

4. JEAN PIERRE
タイトルは映画『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督に由来。自分のルーツとも言えるマンシーニ、ルグランなど往年のフランス映画のイメージを形にした。中間部は「STELLA LEE JONES」という曲が完成する以前、中間部に使っていたメロディーを引用。

5. CEASELESS MEMORY
テイセナの叙情的で美しい作品。彼女のアルバム「Artless Book」に収録されている。オリジナルは異国情緒漂う導入部からピアノによるブリッジ、夕暮れ時の切なさを漂よわせながら何本ものヴァイオリンが絡み合う美しい後半。何度も打ち合わせを繰り返しCDヴァージョンは新しいアレンジで収録した。アルバムのハイライトの一つ。

6. WATERCOLORS
様々に形を変える水をイメージした曲。やはりルーツと言えるパット・メセニー、バッハを意識した曲。元々は他のバンド用に書き下ろしたものをステラ流に編曲しなおした。

7. CLOUDS
FLAT122 のセカンド用に書き下ろした楽曲。雄大な空に浮かぶ雲が歪んでゆくような様を描いて作ったもの。後半部の高速パートは自分なりの川崎隆男氏へのオマージュ。ドラマチックに様々に変化してゆく壮大な曲。ジェフ・ベックのダイヤモンド・ダストからヒントを得て書いた。

8. X-ZONE
毎年欠かさず楽しみに見ているNHKの「ゆく年くる年」。寒い境内で修行僧たちが読経する様子を見ながら年越しするのが好きだったが不覚にも寝過ごした。その無念さから作った収録曲中、最もアバンギャルドな楽曲。前半はなんと譜面を逆から演奏し、録音を逆再生したもの。中間部はオバマ大統領就任演説とヒトラー、ポーランド侵攻の演説を同時に、シンセに聞こえるのは実はアコーディオン。後半は普通に演奏。フリーに暴れまくる佐藤氏のピアノ(実は綿密に練られている)が聴きどころ。

9. KAGEROU
敬愛するスティーヴ・ライヒに捧げたミニマルな楽曲。様々に切り替わる曲調ながらも統一された冷たい空気感。打ち込み一切無し。FLAT122ファーストに収められている「夏」という曲の前半(ファーストに収録されているのは後半のみ)を大幅に編曲し直した曲。

10. STELLA LEE JONES
バンド名にもしたお気に入りの曲。この世で最も美しいと感じているラベルの「ピアノ協奏曲二番」に刺激を受けて書いた曲。哀愁漂うアコーディオンと美しいヴァイオリンが聴きどころ。


Sample Lisning

YouTube


"SALAR DE UYUNI"

"JEAN PIERRE"

Contact

ライブご予約、STELLA LEE JONESへのライブ出演依頼・お問い合わせ、楽曲へのご感想、メンバーへの励ましのメッセージなどお待ちしております。
ライブご予約の場合は「ライブ日時」「お名前」「人数(枚数)」をご記入下さい。
出演をご依頼の場合は「ライブハウス名」「担当者のお名前」「何のイベントか」「日時」「ホームページがあればURL」をご記入下さい。

Name ※必須
Email ※必須
Message